先輩社員メッセージ

営業部 内販G 大路 敦史さん

お客様との信頼関係が大切

現在私はユニ・チャームグループへの営業担当ですが、新規営業のグループに在籍したこともあります。どちらにも共通しているのは「営業はお客様との信頼関係が第一」ということです。普段から顔を出して、しっかり関係を築いていないと、もしお客様に困ったことがあっても相談してもらえません。逆に信頼関係ができれば、お客様から声をかけてもらえるようになり、仕事の幅が広がります。コスモテックには、ユニ・チャーム(株)の製品を任せられているという看板があります。初めて会うお客様であっても、その信頼感からスタートできるのは、ずいぶんやりやすいと感じています。

営業部 内販グループ 大路 敦史さん

新しい商品を生み出す喜び

仕事にやりがいを感じる瞬間はいろいろありますが、じんわり喜びがこみ上げてくるのは、ゼロからパッケージを提案した商品がスーパーに並んでいるのを見た時です。それまで世の中になかったものを、お客様や会社の仲間と一緒に生み出し、多くの人の手に渡っていくその様子を自分の目で確かめられるのは、この仕事だからできること。これからも、お客様や消費者に喜ばれる提案をしていきたいです。そしてできることなら、まだどこにも存在していない新しいパッケージの形態を形にしてみたいですね。「コスモテックが生み出した形態」が、広く普及すれば最高です。

営業部 内販グループ 大路 敦史さん

本社工場第一製造G 阿部 一真さん

奥が深いグラビア印刷の世界

自分はグラビア印刷機のオペレーターを担当しています。入社するまでは、最新の印刷機だから簡単に操作できるだろうと思っていましたが、実際にやってみると奥が深い仕事です。先輩のサポートから始めて、もう5年目。ひと通りのことは一人でできますが、まだまだ勉強中です。やりがいを感じるのは、新商品の印刷の時です。お客様に仕上がりを確認してもらうのですが、一発でOKをいただけると心の中でガッツポーズが出ます。個人的な目標として、1日で何m印刷できるかに挑戦しています。色の調整などで機械を停めると記録が伸びないので、運と実力の両方が必要です。今までの最高記録更新を達成したいと思っています。

本社工場本社工場第一製造G 阿部 一真さん

頼れる先輩がフォローしてくれる

コスモテックで働いて良かったと思うのは、チームワークの良さですね。同世代の人も多いですが、年齢に関係なく仲がいいです。わからないことや問題があれば先輩たちが助けてくれるので、思いつめるほど困ったことはありません。急な注文が入った時などに、社員が一丸になって「やるぞ!」という雰囲気になるのは、すごいと思います。これぞコスモテックらしさです。頼れる先輩たちのおかげで、最近は自分も少々のトラブルでは動じなくなってきました。精神的にも成長できていると思います。

本社工場本社工場第一製造G 阿部 一真さん

本社工場第二製造G 竹輪 哲郎さん

仕事を覚えるのが楽しい

昔から機械いじりが好きで、機械を使って加工する仕事がしたいと思ってコスモテックに入社しました。現在は、加工の最終工程「製袋」を担当しています。製袋工程では、パッケージに取っ手を付けたり、ミシン目を入れて、納品できる状態にします。あれこれ作業が多く、仕事を覚えるのは大変でしたが、ひとつひとつ自分にできることが増えていくのは、うれしいことでした。実は、最近新しい機械が導入されました。扱いは難しいのですが「使いこなしてやる!」と職人魂が刺激されています。将来の目標は、すべての工程の作業をマスターすることです。いつか尊敬する工場長を超えたいですね。

本社工場第二製造G 竹輪 哲郎さん

抜群のチームワークで優勝

コスモテックはクラブ活動も盛んです。自分はずっと野球をやっていたこともあり、ソフトボールチームに所属しています。ポジションはショートです。部署の壁を越えたメンバーが集まっていますが、チームワークは抜群。仕事終わりに簡単な練習と、月1回本気の練習日を決めて、みんなで汗を流しています。自慢ではないですが、先ほどの大会では優勝しました。社長も応援にかけつけてくれて、試合中も、そのあとの祝勝会も盛り上がりました。仕事も遊びも、やるときはやるのがコスモテック。次の大会も優勝を狙います!

本社工場第二製造G 竹輪 哲郎さん

本社工場生産技術G 伊藤 栞奈さん

トラブルを未然に防ぐために

私は生産技術Gで品質管理の仕事をしています。製品を保護する強度が充分か、機能がきちんと使えるかなど、出荷前に検査する仕事です。地味な仕事に見えますが、とても重要な意味があり、もし必要な性能を満たしていないパッケージが世の中に出回れば、全国の消費者の方にご迷惑をかけることになります。そのトラブルを未然に防ぐ、いわば防波堤のような役割なので気を抜けません。最近はパッケージの種類が増え、お客様の品質要求も高まっています。ますます私たちの仕事の重要性や責任の重さを感じています。

本社工場生産技術G 伊藤 栞奈さん

自分の知識を商品開発に生かしたい

私は学校でプラスチック関連の研究をしていたので、その知識を生かせる仕事がしたいと思っていました。コスモテックが扱っているパッケージフィルムは、学んできたことを活かせる分野です。これまで学んだ知識を仕事に役立てることができて、よかったと思っています。時には、品質管理の立場から、パッケージ企画の見直しを提案することがあります。その理由に納得してもらえた時には自分の役割を果たせて、ほっとしています。将来は、商品開発の段階から関わりたいと思います。機能面や安全性など、科学的な見地からアイデアを出して、パッケージの可能性を広げたいです。そのためにも、今はもっともっと知識を蓄えないと!

本社工場生産技術G 伊藤 栞奈さん

新卒向けエントリーフォーム

キャリア向けエントリーフォーム

このページの先頭へ